keimaejimaの日記

リクルートでエンジニアやってますが、ここでは情報社会論的なことを書きます

自由競争を標榜する人の論理的矛盾

 

f:id:keimaejima:20100605024051j:plain

 

最近選挙が近づいてきたということもあり、僕の周りで対面•webを問わず政治論議が盛んになっています。

経済や貿易に関する議論は大抵の場合解放か規制かという議論に収斂していくわけですが、その中ですごく違和感を感じることがあります。

 

経済•貿易論議において、新自由主義を標榜し、市場開放•規制緩和を唱う人は二タイプに分けることができます。

一方は、「現行制度のせいで自分の力を存分に発揮することができない。自分自身のためにも社会のためにも規制を緩和して、もっと広い世界で自分を活躍させてくれ!」という、自分の力を発揮するために市場解放•規制緩和を叫ぶAタイプ。

もう一方は「自分が今不幸なのは、規制や既得権益を享受している旧世代のせいだ!市場を解放して既得権益者に市場から退場してもらおう!」という、自分の人生がうまくいってない要因を規制や既得権益に求めるBタイプ。

 

僕はAタイプに関しては、議論の是非はともかく、論理的には説得されます。

「規制があること」と「あなたが不幸なこと」が確かに論理的に整合性を以て結ばれているからです。

ただし、Bタイプに関しては論理的不調からくる違和感を感じてしまいます。

「規制があること」と「あなたが不幸なこと」が必ずしも結びつかないからです。

確かに、市場が解放され、規制が緩和されれば既得権益者は市場から退場させられるかもしれません。

しかし、そのことがイコールあなたが幸せになることには結びつきません。

市場開放•規制緩和によって期待されるのは、「あなたの幸福」ではなく「既得権益者の不幸」だけです。

 

Bタイプは市場開放•規制緩和が達成されたとしても、「自分の不幸の原因を外部に求める」という思考法を続けている限りは幸せになれないと思います。

Bタイプの考え方は、自己責任を徹底的に求める市場原理主義新自由主義に最適化されたものではないからです。

ここにBタイプの論理的瑕疵があります。

現在、自分が幸福ではない原因を外部化しているにも関わらず、因果の帰結点の個人への徹底的な内部化を求める新自由主義を標榜してしまっているのです。

 

僕はBタイプの人たちは、「失敗を誰かのせいにできる」現行の社会制度の方が幸せでいられるのではないか、とすら感じます。

何らかの理由で、失敗の原因を内部化できない人がいることは理解できます。僕自身にもそういった面が多分にあります。

ただ、そういう人が新自由主義を標榜していることがどうも理解できないのです。

自分の思考法と、理想とする社会像に矛盾はないか、点検することの重要性を感じます。

 

※ちなみに、僕自身は大きな政府寄りの考え方を持っています。その件については別途書きます。