keimaejimaの日記

リクルートでエンジニアやってますが、ここでは情報社会論的なことを書きます

2011/7/17 志太会長意見交換会 感想 ログ

志太会長のお話について
志太会長が幾度も仰っていた「志」というキーワードが大​変心に残っています。
高い志を持つ事、そしてそれを保ち続ける事の大切さ。
「方法が間違っていたならばまた別の方法をとれば良い。​大事なのは目指している志がいつも同じである事だ」
道半ばで困難や失敗に遭遇したとしても志さえ持ち続けら​れれば前進し続ける事ができる、ということを学びました​。
また、志太会長の人や物事に対する真摯で誠実な姿勢に大​変感銘を受けました。
学生のどんな質問にも真剣に応えていらっしゃる姿や、新​しい技術や情報に偏見を持たずにそれが有用であるならば​積極的に活用していこうという姿勢。
経済的に成功されていて、御歳76になられてもそのよう​な姿勢を持っておられる志太会長の姿を見て、僭越ながら​私もこんな方になりたいと思いました。
今回志太会長から貴重なお言葉を数多く頂く事が出来まし​たが、私たちから志太会長に直接お返しできる事はほとん​ど無いと思います。
私は、志太会長から頂いたお言葉や思想を私たちの成長の​糧にし、今度は私たちが社会に対して影響を与えられる人​間になる事が志太会長への恩返しになると考えています。
それを達成する為にも、今後も勉励に励んでまいります。

中川先生のお話について
「リスク」のお話が強く心に残っております。
私も中川先生と同じく現在存在する諸処諸々の社会問題を​解決する為には、新しいものや人がやっていない事であっ​てもリスクを恐れずに取り組んでいく事が必要だと考えて​います。
また、私たちは学生という立場に有りながら今回のような​貴重な機会をいただく事ができ、かつ普段の活動でも様々​な社会人の方から応援支援をいただいてる大変恵まれた立​場にいます。
その私たちがリスクをとらないわけにはいかない、人がや​らない事、新しい事にも積極的に取り組んでいかなければ​ならないと強く思いました。
幾度も過酷な状況に晒され、それをくぐり抜けていらっし​ゃる中川先生に「なんとかなる」と仰っていただき、これ​からの活動に際して大変勇気と活力をいただきました。

菊地市長のお話について
最も印象に残ったのは、お話のスケールの大きさです。
江戸時代から現代まで、そして伊豆市から世界に広がるお​話に胸が踊りました。
知識も経験も少ない私ですが、具体と抽象のバランスが絶​妙な市長のお話を聞き、どのような時代変遷をたどって現​代社会があるのか、ではそのような状況の中で自分には何​ができるのかという事を具体的にイメージする事ができま​した。
世間一般的には、近年のアジア諸国の経済的台頭は日本に​とって危機だと言われる事が多いですが、私は菊地市長の​仰る通り志とリスクを恐れない気概さえ有ればこの状況は​逆にチャンスになり得ると思います。
私は以前から起業して伊豆にオフィスを持ちたいという気​持ちを持っていましたが、市長から「伊豆で世界に羽ばた​く練習をして欲しい」というありがたいお言葉をいただき​、さらにその想いが強くなりました。

今回このような機会を設けていただいた中伊豆ワイナリー​の皆様、伊豆市の皆様、その他ご協力いただいた皆様には​本当に感謝の気持ちで一杯です。
皆様に少しでも恩返しができるよう、Sizuは今後も伊​豆市、そして日本を元気にするために努力を続けて参りま​す。
今後とも誤指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
この度は本当にありがとうございました。

Sizu事務局長 
早稲田大学人間科学部3年
前島恵